自転車に使われている鍵の種類と鍵に発生しているトラブル

自転車の鍵にはいろいろなタイプの鍵が導入されています 自転車の鍵にはいろいろなタイプの鍵が導入されています

自転車で活用されている鍵の種類

鍵

自転車には鍵がついていることが多いですが、自転車によって取り付けられている鍵の種類はそれぞれ異なっていることが多いです。まずは自転車に取り付けられている鍵の種類や、特徴などを詳しく確認してみましょう。

自転車で一般的に使用されている鍵の種類

馬蹄錠、ボタン式リング錠
リングタイプの馬蹄錠は一般的な自転車のほとんどに取り付けられている鍵であり、前輪錠に比べて高い防犯力を発揮できます。ボタン式のリング上は鍵でロックを解除するのではなく、暗証番号を入力して鍵を開けるタイプの鍵です。
ワイヤー錠
ワイヤー錠やチェーン錠の長さや太さはそれぞれの製品ごとに違っています。チェーン錠はワイヤー錠よりも高い耐久力があって重く、ワイヤー錠は軽量で持ち運びに優れているのが特徴です。鍵の形状も異なっていることが多いです。
ダイヤルワイヤー錠
形状や使用されている材質はワイヤー錠と変わりませんが、暗証番号でロックを解除できるので鍵を携帯する必要がありません。暗証番号を変更できる可変式のダイヤルワイヤー錠と、番号固定式ダイヤルワイヤー錠の二種類が存在しています。
U字ロック
ラウンドキーでU字型のパーツを分離させて、自転車をロックするタイプの鍵です。自転車の車輪とフレームを繋げてロックすることができるので、自転車のタイヤだけを狙った盗難などもしっかりと防ぐことができます。

まとめ 自転車に使われている鍵にはいろいろな種類が存在しており、使用している自転車の形状などに合わせて鍵を使い分けることができます。車種によっては使用できない鍵もあるため、鍵を選ぶ際や鍵交換を依頼する際は注意しましょう。

自転車の鍵に発生しやすいトラブル

通勤や通学などを行なうために自転車を所有している方は多いですが、鍵にトラブルが発生すると自転車を利用することができなくなります。トラブル発生を防止するためにも、まずはここで鍵トラブルの内容を把握しておきましょう。

自転車の鍵に発生するトラブル

  • 自転車の鍵を紛失してしまった
  • 鍵が折れてしまい、ロックが外せなくなった
  • 自転車の鍵だけを盗まれてしまった

自転車の鍵を無くした際は自転車の販売店に相談を行なうのが一般的です

自転車を販売している店舗は鍵を解除するための専用工具を所有していることが多く、鍵の解除を依頼すれば簡単に外してもらうことができます。鍵の解除時間は数十分程であり、鍵を解除する際に自転車が傷つくこともありません。

鍵交換で新しい鍵を取り付けてもらいましょう

自転車店は自転車用の鍵も販売しており、依頼を行なえば新しい鍵を取り付けてもらうことができます。防犯性の高い鍵を取り付けてもらえば、鍵交換によって自転車の防犯性をアップさせることも可能です。

まとめ 自転車の鍵を交換する際の費用はそれほど高くないため、自分で鍵交換をするのが不安な人の場合は、自転車屋に依頼するのが最適です。万が一自転車の鍵を紛失したり壊れたりした場合は、すぐに依頼を行なうようにしましょう。

TOPボタン