身近な道具を使って自転車の鍵を解除

自転車の鍵にはいろいろなタイプの鍵が導入されています 自転車の鍵にはいろいろなタイプの鍵が導入されています

自力で自転車の鍵を解除

男性

自転車の鍵が壊れてしまった時は、自転車屋や鍵開け業者に鍵交換を依頼するのが一般的です。しかし必要な道具を準備して自転車に関する知識を学んでおけば、自転車に取り付けられている馬蹄錠は簡単に取り外すことができます。

自力で自転車の馬蹄錠を外す方法

傘を壊して、傘を開く部分のパーツを取り出して鍵穴に差し込む

ビニール傘を解体すると、傘を開ける際に押す部分が取り外せるようになります。取り外したパーツを鍵穴へと入れて動かせば、鍵を解除することができます。この方法で解除できるのは、ママチャリなどについている馬蹄錠です。

市販のマイナスドライバーで鍵を解除する

傘の中に入っているパーツを使えば自転車の鍵はすぐ外すことができますが、場合によっては傘が近くに存在していないことがあります。その際は細いマイナスドライバーを代用してみて、鍵が開くかどうか試してみましょう。

ワイヤーロックを外すにはワイヤーカッターなどの道具が必要です

しかしこの方法は人に怪しまれる可能性が高いため、実行する場合は泥棒と間違えられないように注意する必要があります。

自力で鍵交換を行なう際の注意点

壊れた鍵を解除して自転車の鍵交換を実施する場合は、自分が持ち主であることをきちんと証明しなければなりません。自転車の所有者と証明できない場合、自転車泥棒と通報されてしまい警察に連行されてしまう可能性が高いです。

一度自宅に持ち帰って作業を行なうのが無難です

傘のパーツやマイナスドライバーなどを使って鍵を開ける行為は、はたから見ると自転車泥棒にしか見えません。そのため自転車の鍵を自分で取り外す場合は、一度自宅まで自転車を持ち帰ってから作業を行なうようにしましょう。

TOPボタン